ゲーム実況パソコンを選ぶコツ トップ実況者が推薦するおすすめモデルは?

目次

ゲーム実況に必須なパソコンスペックの基準

ゲーム実況に必須なパソコンスペックの基準

ゲーム実況パソコンのCPU選び方

ゲーム実況パソコンの心臓部とも言えるのがCPUです。

適切なCPUを選ぶことは、スムーズなゲームプレイと快適な視聴体験を提供する上で不可欠です。

多くの実況者が推薦するCPUは、処理能力が高くて多コア・多スレッドを搭載したモデルに集中しています。

実況ではゲーム自体のプレイだけでなく、同時にエンコーディングやストリーミングなどの作業が要求されるため、パソコンには高いマルチタスク性能が求められるのです。

例えば、インテルのCore i7やi9シリーズ、AMDのRyzen 7やRyzen 9シリーズが、ゲーム実況において高いパフォーマンスを発揮します。

これらのCPUは、複数のアプリケーションを同時に動かすことができ、ゲーム中のカクツキや配信時のラグを極力減らすことができるのです。

選ぶ際には、最新ゲームの動作推奨スペックを上回るモデルを見据え、将来的なアップグレードやゲームの進化にも対応できる余裕を持たせることが賢明です。

また、クロック速度やキャッシュメモリの大きさも重要ですが、実況パソコン選びでは、コア数とスレッド数が特に影響を及ぼします。

ストリーマーが快適に活動できるように、ストリーミングソフトウェアとゲームがそれぞれ専用のコアやスレッドを利用できるよう、十分な数が用意されているCPUを選定すると良いでしょう。

また、後続モデルへの互換性や発熱問題についても考慮し、余裕を持った冷却システムを検討することも忘れてはなりません。

これらの要素を抑えた上で、個々のニーズや予算に合わせたCPU選びがゲーム実況における快適さと成功の鍵となるのです。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 40872 2412 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40822 2353 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40822 2353 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38309 2074 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38233 2045 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35251 2230 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35251 2230 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33515 2204 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33515 2204 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32298 2098 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32298 2098 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29042 2036 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28644 1966 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26840 2041 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24460 2099 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24460 2099 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 21915 1946 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20215 2012 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19364 1934 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17602 1812 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15929 1774 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15929 1774 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15177 1978 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9009 1743 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9009 1743 公式 価格

必要なメモリ容量とは?

ゲーム実況を行う場合、メモリ容量は快適なパフォーマンスを保持するために極めて重要です。

特に、ゲームの読み込み速度やマルチタスキング能力に大きく関わりがあるため、適切な量は必須でしょう。

ゲーム実況では、ゲーム自体の動作はもちろん、同時に配信ソフトウェアもスムーズに動作させる必要があります。

これには通常以上のメモリが必要とされ、16GBが一つの目安とされていますが、より複雑なゲームや複数のアプリケーションを同時に使用する場合には、32GBあるいはそれ以上を検討することが推奨されます。

なぜこれほど大きなメモリが必要かというと、ゲームや配信ソフトが直接メモリを活用してデータを一時保管するからです。

ゲームの世界は日進月歩で進化しており、新作ゲームでは高解像度のグラフィックや複雑なシミュレーションが特徴です。

これらは多大な計算処理やデータのやり取りが伴うため、メモリ容量が不足しているとゲームの動作が重くなるだけでなく、実況中の映像がカクカクするなど視聴者に悪影響を与えかねません。

また、実況者にとって安定したストリーミングは視聴体験を左右する重要な要素であり、メモリ容量が十分あれば、予期せぬトラブルを回避し、よりクオリティの高いコンテンツを提供することができます。

将来のことを考えれば、予算が許すならメモリの余裕を持たせておくことで、ゲーム実況の幅が広がり、視聴者へのインパクトを長く保持することにつながるのです。

グラフィックスカードの性能基準

ゲーム実況を鮮やかに映し出すには、グラフィックスカードがその心臓部分と言えます。

実況動画において高品質な映像を提供するためには、まずグラフィックスカードは現在のゲームが要求するレベルをクリアしていることが必須条件です。

ここでの性能基準とは、少なくともフルHD(1080p)で快適に動作する能力を指し、緻密なテクスチャや複雑なライティングを処理できるほどの力が求められます。

さらに、ゲーム実況におけるリアルタイムな配信では、安定したフレームレートの維持が視聴者体験を左右するため、ゲームの種類にもよりますが、最低60FPS以上を維持できるグラフィックスカードを選ぶことが鉄則です。

例えば、NVIDIAのGeForce RTX シリーズやAMDのRadeon RX シリーズの中間クラス以上では、これらの要件をクリアすることができます。

加えて、ストリーミング同時配信を考慮する場合は、グラフィックスカードにエンコード機能が搭載されているかも重要なポイントになります。

これにより、CPUの負荷を減らし、よりスムーズな実況配信が可能になります。

RTX シリーズであれば、優れたエンコード機能のNVENCを利用できるため、効率的な配信が手軽に行えるでしょう。

これらの点を踏まえた上で、予算と実況するゲームの種類に合った適切なグラフィックスカードを選ぶことが、優れたゲーム実況環境を実現するための鍵となります。

視聴者を引き込む映像美を提供するために、グラフィックスカード選びには細心の注意を払い、最高のゲーム体験を共有してください。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 35887 73946 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29842 73242 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 28897 68165 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 25957 67347 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23538 55510 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19765 50357 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19081 51004 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17824 45771 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16852 42344 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13351 34525 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13350 34974 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13235 34343 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12363 30307 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10738 31663 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10569 28514 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10560 27435 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7276 19573 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6221 16003 130W 公式 価格

ストレージの種類と容量の選定

ゲーム実況に適したパソコンを選ぶ際、ストレージの選定は成功のカギとなります。

ゲームの起動速度や動作のスムーズさ推進には、SSD(ソリッドステートドライブ)が最も推奨されています。

これは従来のHDD(ハードディスクドライブ)と比べて読み書き速度が格段に速いため、ゲーム中のロード時間の短縮に貢献し、視聴者が待ち時間に退屈することなく、快適な視聴体験を提供できます。

ストレージの容量については、高解像度でのゲーム実況を行なうには、少なくとも500GB以上の容量が望ましいです。

複数の大容量ゲームや動画編集ソフトウェアを同時に扱うことを考慮すると、1TB以上の容量をもつSSDへの投資が適切です。

また、長期にわたり多くのデータを保管する必要がある場合は、追加の外部ストレージソリューションも検討するべきでしょう。

しかし、コストを考えると高速なSSDと大容量のHDDを組み合わせることで、予算内で最適な環境を実現できます。

OSやゲームのインストールにはSSDを、録画した映像やその他のデータ保存にはHDDを用いるといった分担が一つの効率的な方法です。

実況プレイヤーが得意とするゲームジャンルや映像のクオリティによっても必要なストレージ容量は変わりますが、途中で容量不足に悩まされるよりは初めから余裕を持たせた構成を心掛けることが重要です。

これにより、快適なゲームプレイと、視聴者に満足してもらえる実況動画の制作双方において、あらゆるシーンでストレスフリーの環境を保つことができます。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

快適なゲーム実況環境を支える冷却システム

快適なゲーム実況環境を支える冷却システム

空冷 vs 水冷:ゲーム実況に適した冷却法

ゲーム実況における快適なプレイと長時間の配信を支える重要な要素がPCの冷却システムです。

特に高負荷がかかるゲーム実況では、PCの熱を効率的に逃がすことで、パフォーマンスの維持が必須となります。

ここでは、空冷と水冷という二つの主要な冷却方法に焦点をあてて比較します。

空冷はファンによる循環空気を利用して熱を散らす手法で、比較的シンプルで安価です。

空冷システムはその手軽さから、多くのゲーム実況パソコンで採用されています。

一方、水冷システムは液体を使ってCPUの熱をラジエーターへと運び、空冷よりも静かに、また効率的に熱を逃がすことができます。

しかし、これは空冷に比べると設置が複雑で価格も高価です。

また、水漏れのリスクも考慮する必要があります。

ゲーム実況をする上で、PCの冷却は騒音レベルと直結します。

水冷システムの優れた冷却性能と静音性は、特に生配信や録画中のマイクに余計なファンノイズが拾われないようにする際に重宝します。

長時間利用するゲーム実況者にとって、静かで温度が安定したPCはストレスの軽減にもつながります。

最終的に、空冷か水冷かは、使用するゲームの種類、配信の時間帯や環境、予算やメンテナンスへの意欲、そして何より配信者の個人的な好みが決定的な要素となります。

しかし、どちらのシステムもゲーム実況には欠かせない技術であり、それぞれの特性を理解し適切に選択することが、快適なゲーム実況ライフを送るための秘訣と言えるでしょう。

おすすめの冷却システム構成

ゲーム実況は、高いパフォーマンスを要求されるため、パソコンの冷却システムは非常に重要となります。

パソコンが過熱するとパフォーマンスの低下や予期せぬトラブルに繋がるので、選択する冷却システムはゲーム実況の成功を左右するでしょう。

おすすめの冷却システム構成には、エアクーリングとウォータークーリングのどちらもその利点があります。

エアクーリングは、特にハイエンドなエアフロー対応ケースと組み合わせることで、優れた冷却効果を発揮します。

複数のファンをキャビネット内に適切に配置し、効率的に熱を外に排出することが可能です。

これはコストパフォーマンスに優れており、初心者にも扱い易い選択肢と言えます。

一方でウォータークーリングシステムも高い冷却能力を持ち、特にオーバークロックを行う上級者に推奨されています。

水を利用した冷却は、エアクーリングよりも静かであり、熱を素早くキャビネットの外へと移動させることができます。

特にオールインワン型のウォータークーラーは、簡単に設置を行えるため、手間をかけずに効果的な冷却を実現したい場合に適しています。

安定したゲーム実況を行いたいのであれば、熱に強いコンポーネントと併せて、これらの冷却システムをうまく活用することが肝心です。

構成を選ぶには、用途や予算に応じて最適なものを見極める目を養い、信頼できるメーカーの製品を選ぶと良いでしょう。

静かでパワフルな冷却を実現することができれば、快適なゲーム実況環境を築く重要な一歩となるでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFH

ハイエンドユーザー待望のエキスパートクラス、究極のゲーミングPC
最新VGAと高速CPUの極上のハーモニー、スムーズな操作感を実現する高スペックモデル
クリアサイドパネルで映える内部も魅せる、デザイン性に優れたミドルタワーケース
トップレベルの処理能力を誇る、新世代Core i9で非凡な性能を発揮

【ZEFT Z45DBFH スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AM

ゲーム好きに捧げる、鮮烈なパフォーマンスのハイエンドゲーミングPC!
圧倒的な速度とパワー、16GBメモリと1TB SSDの黄金バランススペック!
透明サイドパネルから見える光彩、スタイルを際立たせるミドルタワーケース!
快速マルチタスクを実現する、Core i7 14700Fの力強い心臓部!

【ZEFT Z47AM スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AM

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FD

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FD

高性能をコンパクトに凝縮、アドバンストなゲーミングPC
32GB DDR5と1TB SSDで、強力スペックの絶妙バランスを実現
スペースを取らない、スタイリッシュな省スペースマシン
最新世代Ryzen 7で、非凡なパフォーマンスを供給

【ZEFT R53FD スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53FD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBQ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBQ

プロゲーマーも驚愕、このマシンのパフォーマンスは異次元レベル
理想のバランスでクリエイティブもゲーミングもフルスロットル
省スペースでデスクトップをスタイリッシュに彩るコンパクトケース
Core i7のパワーでマルチタスクもサクサク

【ZEFT Z45DBQ スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBQ

ゲーム実況パソコンのおすすめ周辺機器

ゲーム実況パソコンのおすすめ周辺機器

実況に適したマイクの選び方

ゲーム実況の心臓部ともいえるマイク選びは、視聴者にクリアな音声を届けるために欠かせない要素です。

実況に適したマイクは、周囲の雑音を拾わずに、実況者の声だけを明瞭に録音する能力が求められます。

指向性マイクの中でも、特にカーディオイドパターンのものが好まれます。

これは前方からの音を集中的に拾い、側面や背面からのノイズを抑える性質があります。

また、マイク本体の品質もさることながら、マイクアームやポップフィルター、ショックマウントなどのアクセサリーも重要です。

ポップフィルターは発声時の破裂音を減少させ、より聞き取りやすい音質にするために使います。

一方、ショックマウントはマイクが受ける物理的なショックや振動から音質を守るための装置です。

積極的にこれらのアクセサリーを活用することで、プロ並みの音声環境を整えることが可能になります。

配信の中で声が主役となるシーンでは、コンデンサーマイクを選ぶことが多いですが、環境音を気にする場合はダイナミックマイクも良い選択肢となり得ます。

ただし、どちらのタイプを選ぶにしても、オーディオインターフェースなどを介して高品質なデジタル音声データをパソコンに送信できるよう、設計がなされている必要があります。

アマチュアからプロフェッショナルまで、幅広い実況者が選ぶマイクは、視聴者とのコミュニケーションを深めるため、その人に最適な特性を持っていることが理想的です。

クリアで心地よい実況は、これからも視聴者を魅了し続けるでしょう。

定番ヘッドセットモデル

ゲーム実況パソコンのおすすめ周辺機器には、定番ヘッドセットモデルが欠かせません。

高品質なサウンドは、実況プレイヤーにとってゲームの世界観に没入するための必須要素であり、視聴者へのコミュニケーションを円滑にするためにも重要です。

良質なヘッドセットは、それだけで実況のクオリティを大幅に向上させることができます。

クリアな音声の録音を実現するためには、音漏れが少なく、ノイズキャンセリング機能を備えたモデルが適しています。

また、長時間の使用に耐える快適性も見過ごせません。

柔らかく調整可能なイヤークッション、頭に負担をかけない軽量設計、フィット感を高める調節可能なヘッドバンドなど、細部にわたってゲーマーの体験を考え抜かれた設計が望まれます。

更には、マイクの質もゲーム実況において重要です。

実況中に視聴者とのコミュニケーションを取る際には、声がクリアであること、周囲の雑音を拾いにくいことが求められます。

そのため、指向性マイクを搭載し、細やかな音量調整やミュート機能が付いたモデルが推薦されるでしょう。

市場には多くのヘッドセットが存在しますが、ゲーム実況を行う上でのおすすめモデルを選ぶ際には、これらの機能を兼ね備え、ユーザーからの評価が高い製品を選択することが成功への鍵となるでしょう。

そんな一流の実況者から支持されるヘッドセットは、実況者自らの経験を元に評価され、それが視聴者への配信品質向上に直結するからです。

高い没入感と優れた通信能力で、視聴者にとって忘れがたい実況体験を提供するためにも、丁寧な選定を心掛けてください。


快適操作を叶えるゲーミングキーボード・マウス

ゲーム実況に最適なパソコンを選ぶ際、多くの人が性能の高さに注目しますが、実は実況のクオリティを左右するのはキーボードやマウスといった周辺機器の選択にも大きく依存します。

反応速度や快適性は、細かな操作が求められるゲームにおいて致命的な違いを生むため、ゲーミングキーボードやマウスの選び方には特に注意を払うべきです。

ゲーミングキーボードはキーの反応速度が速く、長時間の使用でも疲れにくい設計が特徴です。

さらに、プログラム可能なキーを備えていることで、より緻密なコントロールが可能となります。

一方でマウスは、精確なセンサーが搭載されており、微細な動きを的確に反映することが求められます。

加えて、人間工学に基づいた形状は、長時間のゲーム実況でも手の疲れを軽減し、パフォーマンスの持続に貢献します。

そういった意味で、ゲーミングキーボードやマウスはただの入力デバイスを超え、ゲーム実況者にとってはまさに戦闘のパートナーのような存在です。

専門のゲーム実況者が推薦するモデルは、これらの性能だけでなく、耐久性やカスタマイズ性にも優れています。

光るキーボードなどの見た目にもこだわった製品も多く、視覚的な演出も実況の魅力を高める要素となり得ます。

選び方のポイントとしては、自分の実況スタイルや好みに合わせた製品を見つけることが重要ですが、実際に手にして使い心地を確かめながら選ぶことが最良の方法とされています。

適切なゲーミングキーボードとマウスを選ぶことは、快適かつ効率的なゲーム実況のための大切な一歩と言えるでしょう。

ゲーム実況に最適なモニターの選び方

ゲーム実況に最適なモニターの選び方

応答速度とリフレッシュレートの理解

ゲーム実況を楽しむ際には、応答速度とリフレッシュレートの適切な理解が不可欠です。

これらの要素は、モニターの性能を決める重要な指標であり、滑らかで快適なゲームプレイに直結しています。

応答速度とは、モニターの画面が色を変える際に要する時間を指し、小さな数値ほど画面の動きが速く、ゴースト現象が少なくなります。

これは特に高速な動きが求められるアクションゲームやシューティングゲームにおいて重要です。

リフレッシュレートは、モニターが1秒間に画面を更新する回数で表され、単位はヘルツ(Hz)です。

高いリフレッシュレートのモニターを選択することで、より滑らかな映像を得ることができ、敏速な反応が求められるゲーム実況において歓迎される特性と言えるでしょう。

実況者にとって重要なのは、ゲーム内での僅かな動きや反応も逃さず、視聴者に細部まで鮮明に伝えることです。

そのためには、適した応答速度とリフレッシュレートを備えたモニターの選択が必要不可欠であり、ゲームのジャンルやプレイスタイルにマッチしたスペックを備えたモデルを見つけるための知識が求められます。

結局のところ、実況の質を高めるためには、これらの特性を最適にバランスさせたモニター選びが鍵となります。

適切なデバイスがゲーム実況のパフォーマンスを支える土台となり、それによってより多くの視聴者を魅了することが可能になるのです。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFH

ハイエンドユーザー待望のエキスパートクラス、究極のゲーミングPC
最新VGAと高速CPUの極上のハーモニー、スムーズな操作感を実現する高スペックモデル
クリアサイドパネルで映える内部も魅せる、デザイン性に優れたミドルタワーケース
トップレベルの処理能力を誇る、新世代Core i9で非凡な性能を発揮

【ZEFT Z45DBFH スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AM

ゲーム好きに捧げる、鮮烈なパフォーマンスのハイエンドゲーミングPC!
圧倒的な速度とパワー、16GBメモリと1TB SSDの黄金バランススペック!
透明サイドパネルから見える光彩、スタイルを際立たせるミドルタワーケース!
快速マルチタスクを実現する、Core i7 14700Fの力強い心臓部!

【ZEFT Z47AM スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AM

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FD

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FD

高性能をコンパクトに凝縮、アドバンストなゲーミングPC
32GB DDR5と1TB SSDで、強力スペックの絶妙バランスを実現
スペースを取らない、スタイリッシュな省スペースマシン
最新世代Ryzen 7で、非凡なパフォーマンスを供給

【ZEFT R53FD スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53FD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBQ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBQ

プロゲーマーも驚愕、このマシンのパフォーマンスは異次元レベル
理想のバランスでクリエイティブもゲーミングもフルスロットル
省スペースでデスクトップをスタイリッシュに彩るコンパクトケース
Core i7のパワーでマルチタスクもサクサク

【ZEFT Z45DBQ スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBQ

4K、144Hz以上? 目的に合ったモニター仕様

ゲーム実況に最適なモニターを選び出す時、解像度やリフレッシュレートは重要な役割を果たします。

特に4K解像度であるモニターは、その圧倒的な画質の鮮明さから多くの実況者に推薦されます。

高い解像度は、ゲームの美しい景色や細部までをクリアに捉えることができ、視聴者にとっても非常に魅力的な体験となるでしょう。

一方で、144Hz以上のリフレッシュレートを持つモニターは、スムーズな映像を提供し、特に動きの速いシューティングゲームやレーシングゲームを実況する際に役立ちます。

重要なのは、これらの特性をあなたの主にプレイするゲームジャンルや実況のスタイルに合わせて選ぶことです。

たとえば、ゲームの世界観を重視するストーリドリブンなRPGでは4K解像度が、反応速度が勝敗を左右するFPSや格闘ゲームなどでは高いリフレッシュレートが求められます。

また、これらのモニター機能は、グラフィックカードとの相性も考慮する必要があり、最適な組み合わせを見極めることが実況者にとっては欠かせません。

周辺環境や予算のバランスを考慮しながら、あなたの実況に最適なモニター仕様を見つけ出すことが、視聴者に最高の視聴体験を提供する鍵となるでしょう。

配信ソフトウェアとの相性も重要!

配信ソフトウェアとの相性も重要!

OBS Studioとゲーム実況PCの関係

ゲーム実況にはパフォーマンスの高いパソコンが必須ですが、ただの強力なスペックだけでは十分とは言えません。

特に、OBS Studioなどの配信ソフトウェアとの相性は、スムーズなゲーム実況において欠かせない要素です。

OBS Studioは無料でありながら多機能であり、カスタマイズ性も高く、初心者からプロまで幅広いユーザーに愛用されている配信ソフトです。

このソフトウェアを使って快適に配信するためには、CPUやGPUの性能はもちろん、十分なメモリ、高速なストレージといった具合に、ソフトウェアが要求する仕様に合ったパソコン選びが求められます。

例えば、OBS StudioはCPUにかなり負荷をかけますので、多コア・多スレッドのプロセッサを選ぶことが望ましいです。

高解像度でのゲーム配信を行う場合には、応答性の高いパワフルなGPUも必要になりますし、同時に視聴者とのコミュニケーションを取るための多くのタスクをこなすためには、余裕を持ったメモリ容量が推奨されます。

また、ゲームのローディング時間を短縮し、録画データの保存にも影響するので、SSDの導入は基本中の基本です。

適切なゲーミングPCは、これらのハードウェア要素がバランス良く搭載され、OBS Studioが快適に動作する環境を提供します。

実況者が推薦するモデルには、これらの点をしっかりと考慮した上での推薦となっているので、選ぶ際の参考になるはずです。

そして、そのパフォーマンスを支える冷却システムや静音性にも目を向けることで、長時間のゲーム実況でも快適性を保つことができるでしょう。

最適なゲーム実況PCを選ぶことは、視聴者に快適な視聴体験を提供するための第一歩と言えるのです。

パソコンのスペックがソフトウェア選定に与える影響

配信ソフトウェアとの相性を見極める際に、ゲーム実況パソコンのスペックは非常に重要な役割を果たします。

例えば、CPUの性能は複数のタスクを同時に快適にこなすために必須であり、高解像度のゲームをスムーズに配信するには、強力なグラフィックカードが要求されます。

また、メモリの容量も重要で、大量のメモリを搭載しているパソコンは、複数のアプリケーションやブラウザタブを開いても安定したパフォーマンスを保ちます。

ストレージに関しては、速度の速いSSDがゲームのロード時間を短縮し、よりスムーズな実況プレイを実現するために望ましい選択となります。

一方で、大容量のストレージは、長時間の実況や録画データの保存において、不可欠な要素です。

配信の際のエンコーディングについて言えば、高い性能を持つCPU、もしくは専用のエンコード機能を持つグラフィックカードが影響力を持っています。

これにより、高画質であると同時に、滑らかなストリーミングが実現され、視聴者に快適な視聴体験を提供できるのです。

さて、これらのスペックが高性能なハードウェアとソフトウェアの組み合わせによって最大限に活用されることで、最先端のゲーム実況が可能になります。

具体的なソフトウェアの選択肢としては、手軽に使えるOBS StudioやXSplit、高度な機能を提供するStreamlabs OBSなどがあり、これらのソフトウェアが求めるスペックを満たすパソコンを選択することが重要です。

最終的にゲーム実況者が抑えるべきポイントは、どのゲームをどのように配信したいかという目的に合わせて、対応するスペックを備えたパソコンを選ぶことです。

そしてそれが、視聴者との繋がりを強化し、実況者としての魅力を最大限に引き出す鍵となるのです。

実況者推薦!コストパフォーマンスに優れたゲーム実況PC

実況者推薦!コストパフォーマンスに優れたゲーム実況PC

予算別おすすめパソコン紹介

実況者が推薦するコストパフォーマンスに優れたゲーム実況パソコンを選ぶには、予算に応じた最適なモデルを見極める必要があります。

予算が限られている場合でも、ゲーム実況の品質や快適性を損ねない良質なPCを選択することが可能です。

たとえば10万円程度の予算であれば、エントリーレベルのゲーミングPCが適しており、多くの中規模ゲームの実況に十分な性能を持っています。

ここでのポイントは、拡張性に優れたモデルを選ぶことで、将来的にパーツの追加や交換が容易となります。

一方、20万円から30万円の予算を考える場合は、ミドルレンジからハイエンドに迫る性能のPCが目に付きます。

これらのモデルでは先進的なグラフィックカードや高速なプロセッサが搭載され、解像度の高いゲーム実況や高負荷がかかる作業もスムーズにこなせます。

特に重要なのが、ストリーミング時のエンコード作業に負荷がかかるため、CPUとGPUのバランスが良いことが求められます。

最高のゲーム実況体験を求める場合は、50万円以上の予算が必要になりますが、このレベルのPCでは4Kでのゲーム実況や複数のプログラムを同時に動かすことも容易になります。

また、ここではPCの冷却性能にも注目し、長時間の使用にも耐えうる構造であるかを確認することも大切です。

このように、予算に応じてさまざまな選択肢があり、それぞれのニーズとバランスを考慮することが、ベストなゲーム実況パソコン選びには不可欠です。

高額な投資を避けたい場合でも将来的なアップグレードを見据えて、初期投資に見合う価値を提供するモデルを選びましょう。

プロ実況者が推薦するPCブランド

ゲーム実況者からの絶大な推薦を受けているPCブランドがあります。

これらのブランドはコストパフォーマンスに優れ、堅牢なビルドクオリティとハイスペックな性能を誇ります。

例えば、Alienwareはその斬新なデザインと強力なグラフィックス能力で高評価を受けている一方で、ASUSのROGシリーズは競技レベルのゲーム実況においてその信頼性と耐久性で知られています。

また、HPのOMENシリーズはハイエンドなゲーム環境を提供しつつも、費用の面でユーザーに優しい選択肢となっており、多くの実況者に指示されています。

ドスパラのGALLERIAやパソコンショップSEVENのZEFTのようなカスタマイズ可能なPCも存在し、実況者は自分の必要とするスペックに合わせて最適化を図ることが可能です。

これらのブランドは幅広いニーズに応じたラインナップを揃えており、初心者からプロの実況者まであらゆるレベルの人たちが満足するPCを提供しています。

特にライブ配信時の安定性や編集作業への負荷を考慮すると、強力なプロセッサと十分なメモリー、そして長時間の使用にも耐えうる冷却システムを搭載したPCが必要不可欠です。

こうした実戦に即した観点からおすすめされるブランドのPCは、実況者のパフォーマンスを最大限に引き出し、視聴者に最良のエンターテインメントを届けるための強い味方となります。

おすすめするブランドのPCはすべて、ゲーム実況者の厳しい要求に応えるべく設計されているのです。


クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFH

ハイエンドユーザー待望のエキスパートクラス、究極のゲーミングPC
最新VGAと高速CPUの極上のハーモニー、スムーズな操作感を実現する高スペックモデル
クリアサイドパネルで映える内部も魅せる、デザイン性に優れたミドルタワーケース
トップレベルの処理能力を誇る、新世代Core i9で非凡な性能を発揮

【ZEFT Z45DBFH スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AM

ゲーム好きに捧げる、鮮烈なパフォーマンスのハイエンドゲーミングPC!
圧倒的な速度とパワー、16GBメモリと1TB SSDの黄金バランススペック!
透明サイドパネルから見える光彩、スタイルを際立たせるミドルタワーケース!
快速マルチタスクを実現する、Core i7 14700Fの力強い心臓部!

【ZEFT Z47AM スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AM

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FD

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FD

高性能をコンパクトに凝縮、アドバンストなゲーミングPC
32GB DDR5と1TB SSDで、強力スペックの絶妙バランスを実現
スペースを取らない、スタイリッシュな省スペースマシン
最新世代Ryzen 7で、非凡なパフォーマンスを供給

【ZEFT R53FD スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53FD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBQ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBQ

プロゲーマーも驚愕、このマシンのパフォーマンスは異次元レベル
理想のバランスでクリエイティブもゲーミングもフルスロットル
省スペースでデスクトップをスタイリッシュに彩るコンパクトケース
Core i7のパワーでマルチタスクもサクサク

【ZEFT Z45DBQ スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBQ

自作と市販のゲーム実況パソコンのメリット・デメリット

自作と市販のゲーム実況パソコンのメリット・デメリット

自作PCで最適なゲーム実況環境を構築する

ゲーム実況をするために自作PCを選ぶという選択は、実況者自身のパフォーマンスや視聴者の快適な視聴経験を左右する重要な要素です。

自作PCの最大のメリットはその柔軟性にあります。

利用目的に応じて必要なスペックを細かく選び、コストパフォーマンスを考慮しながら最適な構成を実現することができるため、ゲーム実況に特化した高性能な環境を整えることが可能です。

例えば、高解像度でのゲームプレイには強力なグラフィックカードが求められ、長時間の配信を快適に維持するためには充分な冷却システムが必要となります。

一方で、自作PCでは保証の面で少々デメリットも存在します。

部品各々には保証が付いていることが多いものの、全体としての統合保証が欠けがちで、何かが不具合を起こした際に原因究明に時間がかかることがあります。

しかし、その分パーツの一つひとつに対する知識が深まり、トラブルシューティング能力も自然と身につきます。

市販のゲーム実況用PCに比べると、自作PCは自らの手でアップグレードを重ねることで、長期に渡って最新のゲーミング環境を維持できるという点でも魅力的です。

新しいゲームや配信技術が登場するたびに、必要な部品を追加・交換することで、常にトップクラスの実況環境を手に入れることができるのです。

市販モデルで手軽に始めるゲーム実況

ゲーム実況の世界に足を踏み入れる際に、多くの初心者が頭を悩ませるのが適切なパソコン選びです。

特に、市販のゲーム実況パソコンは手頃な価格で入手しやすく、初期設定がされているため、購入後すぐにゲーム実況を始めることができる点が大きな魅力です。

既製の市販モデルでは、予め最適なスペックが検討されており、高性能なグラフィックカードや充実したCPUによって、多くのゲームをスムーズにプレイしつつ、ストリーミング配信も行える能力を持ち合わせています。

また、市販ゲーム用パソコンは、アフターサービスや保証の面でも安心感を提供します。

万が一の故障やトラブル時には、サポートセンターやメーカーの保証を利用しやすい点も見逃せません。

実況中に起こりうるテクニカルな問題を素早く解決できる体制が整っているのも、ゲーム実況においては非常に重要です。

しかし、一方で自由度の制限もあります。

市販パソコンはアップグレードが困難な場合があり、将来的にはより高い性能が必要になった際に、新しいパーツへの交換がスムーズに進まないことがあります。

予算と将来的な拡張性を考慮し、ゲーム実況の目的に合ったパソコンを選択することが求められます。

ゲーム実況を始めたいと考えている方にとって、市販のモデルはコストパフォーマンスのバランスが取れた最初の一歩となるでしょう。

ただし、自分の目指す実況スタイルや求めるパフォーマンスを見極め、予算内で最適な選択をすることが重要です。

ハイレベルなゲーム実況を目指すならば、市販モデルの限界を理解し、将来的な拡張やカスタマイズにも備えておく必要があるでしょう。

ゲーム実況者が直面するトラブルと解決策

ゲーム実況者が直面するトラブルと解決策

パソコントラブル時の対処法

ゲーム実況者が直面するトラブルの中でも、パソコンの問題は特に焦りを感じますね。

そんな時、冷静かつ迅速な対処が求められます。

例えば、ゲームが予期せずクラッシュする場合、まずは原因を素早く特定することが肝心です。

たいていの障害はソフトウェアの更新不足や互換性の問題に起因します。

これらを解決するには、まず関連ソフトウェアやドライバの最新状態を確認し、アップデートすることが重要です。

また、不安定なシステム動作は、過熱やハードウェアの故障が原因であることも。

PCの清掃によって冷却機能を最適化したり、疑わしい部品の点検、必要に応じての交換を行なうこともトラブルシューティングの一環です。

ストリーミング中にネットワークの遅延や接続断が生じた場合もあります。

この際は、ルーターやモデムの再起動が基本的な対策となります。

加えて、帯域幅の消費が激しい他アプリケーションを閉じることで、通信の安定化を図ることができます。

また、有線接続への切り替えや、より高性能なネットワーク機器への投資も検討すべきです。

ゲーム実況で重要なのは、こうしたトラブルに直面したとしても視聴者に最適な体験を提供し続けること。

そのためには、問題発生時にも慌てず、頭を柔軟に使って適切な対処法を見つけることが求められます。

経験や知識が豊富であればあるほど、予期せぬトラブルからすぐに立ち直ることができるため、日頃からの知識の蓄積と技術の研鑽がゲーム実況者には不可欠です。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

アップグレード・メンテナンスのポイント

ゲーム実況者が直面するトラブルとして、パソコンのパフォーマンス不足は特に厄介です。

ハイスペックなゲームを滑らかに動作させ、同時に高品質の映像をストリーミングするためには、適切なアップグレードとメンテナンスが不可欠です。

具体的に、CPUやGPUの能力が求めるレベルに達していない場合、画面のカクつきや処理速度の遅延といった問題に直面しやすくなります。

これらの問題を解決するためには、ゲーム実況に最適なスペックを持つパーツへの更新が推薦されます。

さらに、長時間の使用による熱問題も無視できません。

熱が溜まりやすい環境では、PCの寿命短縮やパフォーマンスの低下を招くことがあります。

効率的な冷却システムの導入や、定期的な掃除で内部のホコリを取り除くことが重要です。

これにより、安定したパフォーマンスを維持することが可能となります。

また、ゲーム実況には十分なストレージ容量が必須です。

高解像度の動画を長時間保存するためには、大きなファイルをサクサクと扱えるSSDの利用を検討し、不足しがちな容量は追加の外部ストレージに頼ることも一つの方法です。

こうしたアップグレードやメンテナンスにより、ゲーム実況者は快適な環境で鑑賞者に楽しんでもらうための高いパフォーマンスを発揮することができます。

選定にあたっては、実況するゲームのジャンルや求める品質、さらには将来的なニーズも考慮して、最適なパソコン環境の配置を目指すべきです。

将来を見据えたゲーム実況パソコンの選び方

将来を見据えたゲーム実況パソコンの選び方

将来的なアップグレード計画の立て方

ゲーム実況パソコンの将来的なアップグレードは、長期的なパフォーマンス維持と経済的な投資計画において非常に重要です。

アップグレード計画の立て方は配慮すべき要素が多岐にわたりますが、まずは将来発表される新技術やゲームの要求スペックに応じて柔軟に対応できるマザーボードを選択することが肝心です。

たとえば、拡張スロットに余裕があり、複数の世代に亘るCPUやRAMに対応するものなら、後からのアップグレードでも互換性の心配が少なくスムーズです。

次に、ストレージは初期段階ではSSDを基盤にし、HDDを追加する形で容量を増やしていくのが望ましく、これにより高速なデータアクセスと大容量のストレージのバランスを取ることができます。

さらに、ビデオカードはゲーム実況の品質に決定的な影響を与えるため、市場の動向を注視しつつ、定期的に最新の製品へと交換できるよう予算を確保しておくことが重要です。

また、冷却システムは適切な温度管理がパフォーマンスを保つうえで欠かせない要素ですので、将来的なパーツの追加や交換を見越して、最初から余裕のある設計を心掛けるべきでしょう。

総じて、ゲーム実況パソコンのアップグレード計画は、長期的視野に立ち、最新のトレンドと自身の需要を見極めた上で、フレキシブルな構成を目指すことがポイントです。

将来のビジョンに照らし合わせ、コストパフォーマンスに優れたアップグレードの道筋を練ることが、ゲーム実況者としての成功への礎石と言えるでしょう。

長期間安定して使えるゲーム実況PCの選択基準

ゲーム実況での成功を左右する大きな要素の一つに、使用するパソコンの選択があります。

長期間にわたって安定して使えるゲーム実況PCを選ぶためには、将来のゲームや配信の需要を見越したスペックが重要になってきます。

主要なポイントとしては、高性能なプロセッサ、十分なメモリ容量、高速かつ大容量のストレージ、そして強力なグラフィックスカードが挙げられます。

これらのコンポーネントが高いパフォーマンスを維持し、新しいゲームやソフトウェアアップデートにも対応できるようにすることで、パソコンの寿命を延ばし、コストパフォーマンスを高めることが可能となります。

また、信頼性の高い冷却システムも見過ごせないポイントです。

長時間の使用や高負荷がかかる状況でもパソコンが安定した状態を保てるよう、優れた冷却能力をもつモデルを選ぶことが求められます。

さらにゲーム実況では、多くの周辺機器を同時に接続する必要があるため、十分な数のポートを備えたマザーボードを選ぶことも肝心です。

これらの選択基準を満たすパソコンを選定することで、ゲーム実況者として長期にわたって安定したパフォーマンスを提供することが可能となり、視聴者に良質なコンテンツを継続してお届けするための一歩を踏み出すことができます。

実況者への投資として、これらのポイントには十分な注意を払い、自身のスタイルに合った最適なゲーム実況用PCを選択していきましょう。

あわせて読みたい

未来を見据えたおすすめBTOゲーミングPC 長期間安心の選択肢

BTOのススメ

パソコン選び方のコツとトレンドを押さえたおすすめ商品

ゲーミングPCエックス

システムエンジニア向けパソコンの究極選択 性能VS予算

BTOパソコン リサーチ

AIイラスト生成の限界に挑戦! トップレベルおすすめPCの実力

BTOパソコンSSR

次世代のアート制作に! AI画像生成用おすすめPC選定法

BTOのススメ

おすすめパソコン創選ガイド 使用目的別選び方のノウハウ

ゲーミングPCエックス

ライブ配信品質を高める! PC選びのおすすめポイント

BTOパソコン リサーチ

性能と価格の勝者! おすすめBTOゲーミングPCの選び方

ゲーミングBTOパソコン総研

パワーユーザー必見! 最強おすすめゲーミングPC14選

BTOパソコンSSR

動画編集のパフォーマンスを飛躍させる! おすすめクリエイターPC特集

ゲーミングPCエックス

おすすめの仕事用パソコン タイプ別完全ガイド

BTOのススメ

ゲーム好きのためのトップパフォーマンス! おすすめBTOゲーミングPC

ゲーミングPCエックス

RTX4080 SUPERで変わるゲーム体験 おすすめゲーミングPCカタログ

BTOパソコンSSR

フルカスタムで最高性能! BTOパソコン注文前のチェックリスト

BTOパソコン リサーチ

動画編集のプロが語る! おすすめBTOパソコンで快適作業

ゲーミングBTOパソコン総研

究極のデスクトップゲーミングPCを求めて おすすめ機種の選定ポイント

BTOパソコンSSR

ゲームに最適なおすすめPC選び ゲーム用パソコンの初心者から上級者まで

BTOのススメ

グラフィックス重視! おすすめBTOゲーミングPCの究極選択

ゲーミングPCエックス

ゲームPCのスペック革命! あなたの選び方をアップデート

BTOパソコン リサーチ

クリエイターPC最強ガイド おすすめの選び方

BTOパソコンSSR

BTOで理想のセットアップ! おすすめカスタムパソコンガイド

ゲーミングBTOパソコン総研

最速! おすすめBTOゲーミングPCでゲーム環境を格上げ

BTOのススメ

学生からプロまで! 全分野カバーのおすすめCore i7 PC

BTOパソコン リサーチ

投資する価値あり! DTM専門家が推奨する音楽制作PCおすすめ一覧

ゲーミングPCエックス

RTX4070Ti SUPERで実現する おすすめ最新ゲーミングPC体験

BTOのススメ

3DアニメーターのためのPC選び 効率を最大化するスペックガイド

BTOパソコン リサーチ

最適解発見! パソコンカスタマイズ&注文プランニング完全版

BTOパソコンSSR

AIイラストビジネスを加速する! 効率的なおすすめPC選び方指南

ゲーミングPCエックス

大学生向けパソコントレンド2024 最新技術を備えた学生向けモデルレビュー

BTOパソコンSSR

映像制作プロフェッショナル推薦! ハイエンドパソコンの選び方

BTOのススメ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次