速度・快適性重視! 動画編集に最適なパソコンスペックの答え

目次

動画編集に必要なプロセッサの選び方

動画編集に必要なプロセッサの選び方

コア数とクロック速度のバランス

高性能なプロセッサは、スムーズな動画編集作業に不可欠です。

まず心に留めておくべきは、コア数とクロック速度という二つの要素がプロセッサ選びの中核をなすという点です。

コア数が多いほど、複数の作業を同時に効率良く処理する能力が向上します。

一方で、クロック速度が高いプロセッサは、単一の作業をより迅速に実行できるため、特定の複雑なエフェクト処理において優れた力を発揮します。

動画編集におけるプロセッサの選定では、これら二つのパラメータのバランスが重要です。

複数のコアを持つプロセッサは、同時に多くのタスクをこなす際にメリットを生むため、4K解像度以上の高解像度動画編集や、レンダリング、エンコーディングの速度を上げるのに役立ちます。

しかし、単純にコア数だけを追求するのではなく、クロック速度の高さも重要であり、特にリアルタイムプレビューや即応性が求められる場面では、クロック速度が高いプロセッサがその性能を発揮します。

結局のところ、高品質な動画編集作業を目指すなら、マルチコアプロセッサでかつ高クロック速度を兼ね備えたプロセッサを選ぶべきです。

現代の動画編集ソフトウェアは多くの場合、マルチスレッディングをフルに活用しコア数の多いCPUから恩恵を受けますが、同時にクロック速度の高さも処理能力を左右するたつ重要な要素なのです。

したがって、バランスの良いプロセッサ選びが、動画編集の作業速度と快適性を飛躍的に向上させるための鍵となるわけです。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 40872 2412 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40822 2353 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40822 2353 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38309 2074 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38233 2045 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35251 2230 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35251 2230 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33515 2204 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33515 2204 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32298 2098 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32298 2098 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29042 2036 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28644 1966 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26840 2041 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24460 2099 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24460 2099 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 21915 1946 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20215 2012 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19364 1934 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17602 1812 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15929 1774 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15929 1774 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15177 1978 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9009 1743 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9009 1743 公式 価格

インテル vs AMD: どちらが動画編集に向いている?

動画編集の作業においては、プロセッサが非常に重要な役割を担います。

数あるチョイスの中でも、インテルとAMDはその競合関係で動画編集の分野においてもよく比較されます。

インテルのプロセッサは、長きにわたって優れたシングルコアのパフォーマンスで知られ、高い周波数と強力なコアあたりの処理能力を誇ります。

これにより、アプリケーションが単一のコアに最適化されている場合、特に威力を発揮するのです。

一方のAMDは、多コアプロセッサーの価格対パフォーマンスにおいて躍進を遂げました。

動画編集ソフトウェアがマルチスレッドを適切に活用できる場合、AMDプロセッサの追加コアがレンダリング時間の短縮に大きく貢献します。

最近では、AMDのRyzenシリーズが高い評価を受けており、特に高解像度のビデオを扱う際にその効率の良さが目立ちます。

しかし、実際の選択は使用する動画編集ソフトウェアとの相性にも依存します。

Adobe Premiere Proのようなアプリケーションでは、インテルのQuick Sync Video技術がエンコード処理を加速する一方で、DaVinci Resolveは多コアプロセッサのパワーを引き出して快適な作業を実現します。

したがって、動画編集に向いているプロセッサを選ぶには、自身が主に使用するソフトウェアの要件と、それらが得意とするプロセッサの特性を理解することが重要です。

適切なプロセッサを選べば、高度なエフェクトの適用や4K以上のビデオ処理もスムーズに行え、創造性を最大限に引き出すことができるでしょう。

プロセッサのアップグレードポテンシャル

動画編集においてプロセッサは、作品のクオリティと編集作業の効率を左右する重要な要素です。

昨今の動画編集は高解像度が当たり前となり、CPUへの要求も増大しています。

高性能なプロセッサを選ぶことは必須ですが、将来的に更なるパフォーマンスが求められる場面も想定しなければなりません。

そこで、アップグレードポテンシャルが高いプロセッサの選択に目を向ける必要があるのです。

アップグレードポテンシャルとは、プロセッサ自体の性能を超える速度や機能が必要となった際に、容易に交換・強化が可能な性質を指します。

経済的な理由や技術的な進展により、始めから最高スペックを揃えることが難しい場合に、このポテンシャルは大きな価値を持つでしょう。

主要な要素として、現行チップセットが新世代のCPUに対応していること、またはソケット規格が将来的にも幅広く支持されていることが挙げられます。

例えば、最新の高性能チップがサポートするマザーボードを選択することは、今後のアップグレードを見据えた投資となりえます。

一方で、全く新しいアーキテクチャが投入されるタイミングで購入する際は、そのアーキテクチャが確立し、普及しているかも重要な考慮点です。

既に市場で確固たる地位を築いているプラットフォームは、長期にわたってパーツの供給が安定しており、アップグレードが容易です。

動画編集用のマシンを構築する際には、単に現在のスペックだけでなく、未来を見据えたアップグレードポテンシャルを備えたプロセッサへの投資が、利便性と経済性を兼ね備えた賢明な選択と言えるでしょう。

動画編集を快適にするメモリ(RAM)スペック

動画編集を快適にするメモリ(RAM)スペック

推奨メモリ容量とは

動画編集の効率と出力の品質は、使用するメモリの容量に密接に関わってきます。

推奨されるメモリ容量は、編集を行う動画の解像度や複雑さによって左右されますが、一般的な目安としては、最低でも16GBが望ましいでしょう。

高解像度の素材を扱う4K編集や、マルチトラック、エフェクトを多用するような場合には、32GBあるいはそれ以上を見込むことが賢明です。

正常に動作するためには、快適な余裕を持った容量が必要になり、特に複数のアプリケーションを同時に使用する際にはその重要性が増します。

RAMは、一時的なデータ保管場所としての役割を果たし、プロジェクトのローディング時間の短縮や、リアルタイムでのプレビューのスムーズさなど、編集作業の流れをスピーディに行うために重要です。

動画編集ソフトウェアは、膨大な量のデータをリアルタイムで処理しなければならないため、十分なメモリがあることで、そのパフォーマンスは格段に向上します。

さらに、タイムライン上でのスクラブや、トランジションのプレビュー、レンダリング時の待ち時間短縮にも寄与します。

結論として、動画編集における効率と快適性を追求するならば、メモリ容量はケチらずに惜しみなく投資すべき箇所の一つです。

将来的にも編集作業の快適さを確保するためには、現時点での標準を超えるスペックを見越してメモリを搭載することが理想的であり、動画編集を本業とする方々にとっては、より高いスペックへの配慮が求められるでしょう。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

RAMの速度とレイテンシ

動画編集の世界では、高速かつレスポンシブなパフォーマンスが求められます。

ここで注目すべき重要な要素がRAMの速度とレイテンシです。

これらはメモリの応答性と処理効率を大きく左右し、エンコードからレンダリングまでの作業フローに直接影響を与えます。

RAM速度については、これを単純化して考えれば考えるほど、その真価を見誤りがちになります。

クロック速度が速いほどデータのやり取りはスムーズですが、動画編集においては容量と速度のバランスが成功の鍵を握ります。

データ量が多い動画ファイルの処理には、十分な容量を有する一方で、急な編集命令にも迅速に対応できる速度が求められるのです。

そしてレイテンシーにおいては、これはメモリがデータのリクエストに応答するまでに要する時間を意味し、いわばメモリの反応速度のようなものです。

低レイテンシのRAMは、要求された情報を素早く提供できるため、特に動画編集では複数のタスクを同時に効率良く運営するのに非常に有効です。

具体的な数値を挙げるならば、DDR4メモリであれば、少なくとも3000MHz以上の速度を目指すと良いでしょう。

同様に、CASレイテンシーはCL15以下が理想的とされています。

これらのスペックを満たすことによって、迅速なデータアクセスと、遅延の少ない動画編集が期待できるのです。

重要なのは、これらのスペックが動画編集ソフトウェアとの相性を見極め、適した構成を選択することです。

最適なRAMの速度とレイテンシ、それらをシステム全体のパフォーマンス向上に結びつけるためには、編集作業の特性を理解し、適切なハードウェア選定を行うことが不可欠です。

そうすることで、画面上での変更がほぼリアルタイムに反映され、あなたのクリエイティビティはさらなる高みへと導かれることでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

高性能ゲームに適したパフォーマンス、スタンダードに新たな基準を―その名は、アドバンストゲーミングPC
注目のバランス―GeForce RTX 4060Tiと32GBメモリがもたらす圧倒的パワーハーモニー
クリアパネルから覗く先進技術、ミドルタワーケースのお洒落なフォルム
快速に進化したCore i7 14700が君臨する未来型パフォーマンス

【ZEFT Z47BK スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パワーユーザー注目!革新を生む64GBメモリ搭載イノベーティブ・ゲーミングPC
均整の取れた高速性能、NVMe SSDと64GB RAMで未体験の速さを実現
静寂を纏う、CoolerMaster Silencio S600ケース。スタイリッシュで優れたサイズ感
心臓部はCore i7 14700F。ミドルハイランクの処理能力でタスクを軽々とこなす

【EFFA G05B スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
キャプチャカードキャプチャボード AVERMEDIA Live Gamer 4K GC575
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSA

熱中するゲームの世界へ誘う、頂点を極めたゲーミングPC
圧巻の性能、イデアルマッチ、PCマニアも唸るスペックの調和
スタイリッシュなケースに高性能を秘めた、洗練されたデザインモデル
快速を極めしCore i9、あらゆる作業をスムーズに

【ZEFT Z45BSA スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GS

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GS

プロの熱狂を駆り立てる、ハイエンドゲーミングPC
シームレスな体験の結晶、32GBメモリ&1TB NVMe SSDのハーモニー
透明感溢れるクリアパネルケース、美しさと機能性を兼ね備えたデザインモデル
Core i7-14700KF搭載、極限まで楽しむためのパワーハウス

【ZEFT Z45GS スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GS

パソコンショップSEVEN ZEFT R52H-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52H-Cube

中級ゲーマーに最適なゲーミングマシン、高性能RyzenとRTXで勝利を手繰り寄せろ!
壮大なゲーム世界もサクサク快適、16GBのDDR5メモリと高速2TB SSDで応答性抜群のバランス
コンパクトケースにこだわりのでき、限られたスペースでもおしゃれに彩るデスクトップPC
Ryzen 5 7600搭載、クリエイティブな作業もゲームもこれ一台で

【ZEFT R52H-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52H-Cube

メモリーの種類と拡張性

動画編集を快適に行うためには、メモリ(RAM)のスペックを正しく理解し、適切な選択をすることが不可欠です。

メモリーの種類には、DDR3やDDR4などがあり、それぞれ速度や互換性に違いがありますが、現在の動画編集には応答速度の速いDDR4を推奨します。

DDR4のメリットは、高速なデータ転送速度にあり、これによって大容量の動画ファイルをスムーズに扱うことができます。

特に4Kや8Kといった高解像度の編集作業では、データ処理量が膨大になり得るため、メモリーの性能が直に作業効率に影響を与えます。

拡張性も重要な観点です。

将来的に動画編集の作業量が増えることを考慮すれば、メモリの容量を簡単に増やせるよう、拡張スロットを備えたマザーボードを選ぶべきです。

初期状態で16GBのメモリを搭載し、さらにスロットを余らせることで、後から32GBやそれ以上に増設する余地を持たせることが重要です。

動画編集を行う際の快適さを追求する上で、これらメモリースペックの考慮は避けて通れない道です。

効率とスピードを重んじる方にとって、適切なメモリ選びとその拡張性は、作業の流れるようなスムーズさを実現するために、キーとなる要素です。

ストレージの選び方: SSD vs HDD

ストレージの選び方: SSD vs HDD

編集作業に最適なストレージ容量

動画編集の心地よいフローと速度を実現するには、ストレージ容量の選定がカギを握ります。

高解像度の映像ファイルは巨大であり、複数のプロジェクトを同時に扱う場合、そのサイズはさらに増大します。

よって、最低限として1TB以上のストレージが推奨されますが、プロフェッショナルレベルの作業を見据えるならば、4TB以上の余裕を持つことが賢明です。

ストレージの種類に関しても重要なポイントがあります。

SSDはHDDに比べて読み書き速度が格段に速いため、ビデオクリップのロードや出力、そしてソフトウェア全体の応答性が大幅に改善されます。

動画編集のプロセス中、レンダリングやプレビューの速度は作業効率に直結するため、SSDの利点は計り知れません。

ただし、コストは高価になる傾向にあるため、予算内で最大の効果を得るためには、SSDをシステムドライブとして、よく使うアセットを格納するメインストレージとして使用し、HDDをバックアップやアーカイブ用途に特化させるという折衷案が効果的です。

動画編集で取り組むプロジェクトの内容や規模に応じて、ストレージの選択は柔軟に行われるべきですが、快適な作業環境を構築するためにも、速度と容量の両面からアプローチすることが肝要です。

このように、ストレージはただ大きければ良いというわけではなく、画像処理の速さや進行中のプロジェクトの管理など、多角的に考慮することで、動画編集に最適な環境が実現します。

SSDの種類と動画編集への影響

SSDの種類と動画編集への影響を考える際、トップクラスの動画編集パフォーマンスを追求するには、ストレージの読み書き速度がカギとなります。

動画ファイルは大容量であり、高速なデータ転送が求められるため、SSDはHDDに比べて桁違いの速さを提供します。

特に、SATA接続のSSDは従来のHDDより高速だが、現在の主流であるNVMe接口を持つM.2タイプのSSDは更に速度面で優れています。

このM.2 SSDは直接マザーボードに接続されるため、データ転送経路の短縮と共に高い速度を実現させ、編集中の動画のロード時間を驚くほどに縮め、効率の良い作業フローを可能にします。

そして動画編集の際には、4K、あるいはそれ以上の解像度で作業を行うことが多くなりがちです。

これらの大量のデータをスムーズに扱うためには、SSDの書き込み速度だけでなく、耐久性も重要です。

プロレベルの動画編集では、一般的なSSDよりも耐書き込み性能が強化されたエンタープライズクラスのSSDが望ましいでしょう。

これにより、長期にわたる頻繁な動画の読み込みと書き込みに耐えうる環境が構築できます。

動画編集では、SSDの速度は作業の快適性を大きく左右しますが、容量も無視できない要素です。

高解像度の動画ファイルは大きな容量を占めるため、大容量のSSDを選択することでプロジェクトファイルを適切に管理し、作業効率をさらに高める事ができます。

したがって、動画編集用パソコンのストレージ選択においては、NVMe M.2タイプのSSDを中心に、速度、耐久性、容量を総合的に判断することが重要となるのです。


RAID構成でのパフォーマンス向上

動画編集時の快適性を大幅に高めるためには、ストレージの速度が鍵となります。

ここで注目したいのが、RAID構成を活用したパフォーマンスの向上です。

RAID(Redundant Array of Independent Disks)は複数のディスクを組み合わせて、速度向上やデータの冗長性を確保する技術です。

特に動画編集では大量のデータを扱うため、ストレージの速度が直接作業の効率に影響します。

RAID 0はストライピングと呼ばれる方法で、複数のディスクにデータを均等に分散させることで読み書き速度を高めます。

これにより、4Kや8Kの高解像度動画の編集作業が格段にスムーズになります。

ただし、ディスクのどれか一つに障害が生じると、データを失うリスクがあるので、大切なファイルのバックアップが不可欠です。

一方で、RAID 1はミラーリングとして知られ、2つのディスクに同一のデータを保存するため、一方のディスクが故障してももう一方からデータを取り出せる安全性が確保されますが、速度向上はあまり期待できません。

そこで登場するのが、RAID 10(1+0)です。

これはRAID 0の速度とRAID 1の冗長性を兼ね備え、動画編集に理想的な環境を提供します。

しかし、この構成を利用するためには少なくとも4つのディスクが必要で、コストが高くなる側面も理解しておく必要があります。

動画編集においては、ストレージのスピードが作業の効率を大きく左右しますので、RAID構成は非常に価値のある選択肢です。

データ保護とパフォーマンスのバランスを考慮して、適切なRAIDレベルの選定が動画編集パソコンに求められるスペックを満たすための重要なステップだと言えるでしょう。

グラフィックカード(GPU)の役割と選び方

グラフィックカード(GPU)の役割と選び方

GPUアクセラレーションを活用する

動画編集の世界でGPUアクセラレーションを活用することは、作品をリッチに仕上げ、作業効率を格段に向上させる秘訣です。

一昔前では、主にプロセッサーのCPUが処理の中心を担っていましたが、現在ではグラフィックカードの演算能力を動画編集ソフトが直接利用することが可能になりました。

これがGPUアクセラレーションと呼ばれる技術です。

この技術を駆使するためには、まずソフトウェアがGPUの力を引き出せるかどうかが重要です。

Adobe Premiere ProやDaVinci Resolveなど、多くのプロ仕様編集ソフトはGPUアクセラレーションに対応しており、トランジションのレンダリング速度が向上するのはもちろんのこと、リアルタイムプレビューやカラーグレーディング作業においても、その差は歴然とします。

選び方においては、CUDAコアやストリーミングプロセッサの数が多いほど、より複雑な計算を効率的にこなし、スピーディな動画処理が可能です。

4K編集やVRコンテンツ制作、3Dモデリングをする際には、より高性能のカードが求められます。

NVIDIAの高性能グラフィックカードやAMDのRadeonシリーズの中から、予算と必要とする作業内容に見合ったモデルを選定することが肝要です。

例えば、複数の重たいエフェクトや高解像度の素材を扱う場合、ビデオメモリも大量に必要になります。

ただ、あまりにもスペックを追求しすぎると、コストが嵩むだけでなく、必要以上の性能が発揮できないこともあります。

バランスよくスペックを選択し、長時間の編集作業も快適に過ごせるようにすることが、動画編集において最高のパフォーマンスを発揮するための鍵となるわけです。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 35887 73946 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29842 73242 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 28897 68165 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 25957 67347 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23538 55510 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19765 50357 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19081 51004 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17824 45771 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16852 42344 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13351 34525 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13350 34974 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13235 34343 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12363 30307 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10738 31663 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10569 28514 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10560 27435 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7276 19573 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6221 16003 130W 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

高性能ゲームに適したパフォーマンス、スタンダードに新たな基準を―その名は、アドバンストゲーミングPC
注目のバランス―GeForce RTX 4060Tiと32GBメモリがもたらす圧倒的パワーハーモニー
クリアパネルから覗く先進技術、ミドルタワーケースのお洒落なフォルム
快速に進化したCore i7 14700が君臨する未来型パフォーマンス

【ZEFT Z47BK スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パワーユーザー注目!革新を生む64GBメモリ搭載イノベーティブ・ゲーミングPC
均整の取れた高速性能、NVMe SSDと64GB RAMで未体験の速さを実現
静寂を纏う、CoolerMaster Silencio S600ケース。スタイリッシュで優れたサイズ感
心臓部はCore i7 14700F。ミドルハイランクの処理能力でタスクを軽々とこなす

【EFFA G05B スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
キャプチャカードキャプチャボード AVERMEDIA Live Gamer 4K GC575
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSA

熱中するゲームの世界へ誘う、頂点を極めたゲーミングPC
圧巻の性能、イデアルマッチ、PCマニアも唸るスペックの調和
スタイリッシュなケースに高性能を秘めた、洗練されたデザインモデル
快速を極めしCore i9、あらゆる作業をスムーズに

【ZEFT Z45BSA スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GS

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GS

プロの熱狂を駆り立てる、ハイエンドゲーミングPC
シームレスな体験の結晶、32GBメモリ&1TB NVMe SSDのハーモニー
透明感溢れるクリアパネルケース、美しさと機能性を兼ね備えたデザインモデル
Core i7-14700KF搭載、極限まで楽しむためのパワーハウス

【ZEFT Z45GS スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GS

パソコンショップSEVEN ZEFT R52H-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52H-Cube

中級ゲーマーに最適なゲーミングマシン、高性能RyzenとRTXで勝利を手繰り寄せろ!
壮大なゲーム世界もサクサク快適、16GBのDDR5メモリと高速2TB SSDで応答性抜群のバランス
コンパクトケースにこだわりのでき、限られたスペースでもおしゃれに彩るデスクトップPC
Ryzen 5 7600搭載、クリエイティブな作業もゲームもこれ一台で

【ZEFT R52H-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52H-Cube

エンコード・デコード性能の比較

動画編集作業において、グラフィックカード(GPU)は重要な役割を担っています。

特に、エンコードとデコード性能は編集中のスムーズさや出力速度に大きく影響するため、適切なGPU選びは快適な編集作業のカギとなります。

エンコードとは動画をある形式に変換する作業で、効率よく処理できるGPUを選ぶことで、最終的な動画の生成時間を大幅に短縮できます。

一方、デコードは撮影した映像を再生や編集用に解析する過程であり、高いデコード能力を持つGPUを選べば、4Kや8Kといった高解像度動画にも対応し、リアルタイムでのプレビューが可能となります。

選び方としては、まず対応する動画編集ソフトウェアの推奨スペックを確認することです。

そこで指定されているGPUに見合ったもの、もしくはそれを上回る性能を持つモデルを選択すると良いでしょう。

また、CUDAコア(NVIDIA)やStreamプロセッサ(AMD)の数も性能指標として参考になります。

エンコード・デコード性能については、具体的な数値やベンチマークテストの結果を参照しつつ、動画編集用途に特化した機能が搭載されているかも検討すべきポイントです。

人気の高いNVIDIAのGeForce RTXシリーズやQuadroシリーズ、AMDのRadeon RXシリーズは、動画編集に求められる高いエンコード・デコード性能を提供し、プロユースからアマチュアユーザーまで幅広いニーズを満たしています。

ただしその選択は、使用するソフトウェアはもちろん、予算や使用環境に依存するため、一概に最良と言えるモデルが存在するわけではありません。

そのため、現在のトレンドに合わせた性能比較を行い、自身の動画編集スタイルに即したグラフィックカード選びを心がけることが、作業の速度と快適性を高めるためには不可欠です。

グラフィックカードとモニタの互換性

グラフィックカードは動画編集のパフォーマンスを飛躍的に向上させる重要な要素として知られていますが、その機能を存分に発揮させるためには、モニタとの互換性が非常に重要です。

動画編集では高解像度の映像を扱うことが多く、グラフィックカードから出力される信号がモニタで適切に表示されるかどうかがクリティカルです。

例えば、4K編集を行う場合、グラフィックカードは4K解像度をサポートして出力できる能力が求められますが、それをフルに活かすためには4K対応のモニタが必須です。

また、色域や色精度も重要で、モニタが広い色域をカバーしていても、グラフィックカードがそれに対応していなければ実際の編集で色の違いを正確に判断することができません。

ダイナミックレンジの幅が広いHDRコンテンツの編集では、これらの互換性はさらに重要になります。

現実的な色再現と深いコントラストを実現するため、グラフィックカードとモニタ双方がHDRを支持している必要があります。

接続インターフェースの観点からも、DisplayPortやHDMIなど、グラフィックカードの出力ポートとモニタの入力ポートの種類が合致していることが、映像信号をロスなく伝送する上で不可欠です。

特に高フレームレートを保つためには、最新のインターフェースのサポートが推奨されます。

したがって、動画編集用のコンピュータを選ぶ際は、グラフィックカードだけでなく、それをフルに活用するモニタも合わせて検討することが、滑らかで鮮明な編集作業を実現するための鍵です。

動画編集用パソコンのマザーボード選び

動画編集用パソコンのマザーボード選び

接続ポートと拡張スロット

動画編集用パソコンのマザーボード選びでは、接続ポートと拡張スロットが重要なキーポイントとなります。

設計された動画編集作業の効率性と将来のアップグレードの柔軟性のため、マザーボードに存在するこれらの特性を見落としてはなりません。

USBポートは案外と見落としがちですが、複数の外部デバイスやストレージに対応するためには十分な数と速度のものを選択することが重要です。

例えば、USB 3.0やThunderbolt 3などの高速ポートは、素早いファイルの転送に不可欠です。

一方で拡張スロットについては、高性能なビデオカードを取り付けるためにPCI Express (PCIe) x16スロットが必須です。

さらに、追加のストレージや専門的なサウンドカード、ネットワークインターフェースカードなどを搭載することも見据え、予備のPCIeスロットやPCIスロットの確保も考慮する必要があります。

また、拡張スロットと同し゛くらい重要なのは、速度とバンド幅です。

例えば、NVMe対応のM.2接続スロットには、高速なSSDを設置することで、全体のデータ処理速度の向上に貢献し、動画編集作業における読み書きの遅延を最小限に抑えられます。

これにより、4Kや8Kといった高解像度の映像データを扱う際もスムーズな編集が可能になります。

結局のところ、マザーボードはパソコンの基盤となる部分であり、ここでの選択が将来の拡張可能性と作業速度に大きく影響を及ぼします。

長期的な観点から最適なマザーボード選びを行うことで、快適かつ効率的な動画編集環境を構築するための確固たる基盤を築くことができるのです。

マザーボードのフォームファクター

動画編集用パソコンを組む際のマザーボード選びでは、フォームファクターの理解が不可欠です。

フォームファクターとは、単にマザーボードのサイズや形状を指すだけでなく、拡張性などの側面も含む概念です。

例えば、ATX規格のマザーボードは幅広い拡張スロットを有しており、複数のグラフィックカードや追加の入出力カードを装着することが可能です。

動画編集では、高性能なグラフィックカードや特定のインターフェースが求められるケースが多いため、ATX規格のような拡張性の高いマザーボードが適しています。

一方、小規模なスペースでの作業を要する際には、microATXやMini-ITXのようなコンパクトなフォームファクターが便利です。

これらのマザーボードでも優れた動画編集性能を発揮することは可能ですが、拡張性には限界があるため、将来のアップグレードを考慮した場合、ATX規格が一般的に好まれます。

最終的な選択は、使用するケースや他のコンポーネントとの互換性を総合的に検討することで、スムーズな編集作業と将来にわたるパフォーマンスの向上を図ることができるでしょう。

動画編集をする上で、マザーボードは中枢を担う部分です。

安定した作業環境を築くためにフォームファクターを見極め、慎重に選ぶことが求められるのは明らかであり、結果として編集作業の速度と快適性が大きく向上します。

最適なマザーボード選びによって、クリエイティブな作業がより一層楽しく、効率的になることでしょう。

チップセットとCPUの相性

動画編集用パソコンのマザーボード選びでぜひ注目すべきなのは、チップセットとCPUの相性です。

この二つのコンポーネントは、動画編集作業の流暢さと効率性を大きく左右し、究極の編集体験を実現するためには、互いに最適に連携することが求められます。

チップセットは、マザーボード上でCPUと他のシステムコンポーネントとの通信を管理しており、適切なものを選ぶことで、全体のデータ転送速度や拡張性が向上します。

特に、動画編集では高解像度のファイルを扱うため、高速なデータ処理が欠かせません。

そのためには、現代のマルチコアCPUと十分に対応し、かつ高速なメモリ規格をサポートするチップセットの選定が不可欠となります。

例えば、最新のインテルCore i9やAMD Ryzen Threadripperのような高性能CPUと相性の良いチップセットを選ぶことで、動画編集作業は格段にスムーズになります。

また、4K、6K、さらには8Kといった高解像度の動画を扱う場合、それらを効率良く処理するための強力なCPUと高帯域幅を持つチップセットの組み合わせが求められます。

そして、将来的なアップグレードを考慮し、PCIeレーンの拡張性や複数の高速ストレージデバイスをサポートするチップセットは編集作業の効率をさらに高める要素といえるでしょう。

動画編集では、画像のレンダリングやエンコーディングといった要求の高いタスクが行われます。

したがって、このようなプロセスをサポートするため、CPUとチップセットの間には強固な関係が必要です。

適切な組み合わせを選ぶことは、無駄なくリソースを活用し、タスクを迅速に処理することを可能にします。

ですから、究極の動画編集体験を目指すならば、チップセットとCPUの両方において、最新かつハイレベルの相性を追求することが成功への鍵となるのです。


パワーサプライ(電源ユニット)の重要性

パワーサプライ(電源ユニット)の重要性

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

高性能ゲームに適したパフォーマンス、スタンダードに新たな基準を―その名は、アドバンストゲーミングPC
注目のバランス―GeForce RTX 4060Tiと32GBメモリがもたらす圧倒的パワーハーモニー
クリアパネルから覗く先進技術、ミドルタワーケースのお洒落なフォルム
快速に進化したCore i7 14700が君臨する未来型パフォーマンス

【ZEFT Z47BK スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パワーユーザー注目!革新を生む64GBメモリ搭載イノベーティブ・ゲーミングPC
均整の取れた高速性能、NVMe SSDと64GB RAMで未体験の速さを実現
静寂を纏う、CoolerMaster Silencio S600ケース。スタイリッシュで優れたサイズ感
心臓部はCore i7 14700F。ミドルハイランクの処理能力でタスクを軽々とこなす

【EFFA G05B スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
キャプチャカードキャプチャボード AVERMEDIA Live Gamer 4K GC575
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSA

熱中するゲームの世界へ誘う、頂点を極めたゲーミングPC
圧巻の性能、イデアルマッチ、PCマニアも唸るスペックの調和
スタイリッシュなケースに高性能を秘めた、洗練されたデザインモデル
快速を極めしCore i9、あらゆる作業をスムーズに

【ZEFT Z45BSA スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GS

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GS

プロの熱狂を駆り立てる、ハイエンドゲーミングPC
シームレスな体験の結晶、32GBメモリ&1TB NVMe SSDのハーモニー
透明感溢れるクリアパネルケース、美しさと機能性を兼ね備えたデザインモデル
Core i7-14700KF搭載、極限まで楽しむためのパワーハウス

【ZEFT Z45GS スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GS

パソコンショップSEVEN ZEFT R52H-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52H-Cube

中級ゲーマーに最適なゲーミングマシン、高性能RyzenとRTXで勝利を手繰り寄せろ!
壮大なゲーム世界もサクサク快適、16GBのDDR5メモリと高速2TB SSDで応答性抜群のバランス
コンパクトケースにこだわりのでき、限られたスペースでもおしゃれに彩るデスクトップPC
Ryzen 5 7600搭載、クリエイティブな作業もゲームもこれ一台で

【ZEFT R52H-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52H-Cube

必要な電源容量の算出

パワーサプライ(電源ユニット)の重要性というトピックにおいて核となるのが、動画編集における適切な電源容量の算出です。

動画編集作業はCPUやGPUなどのコンピューターの主要なコンポーネントに高いパフォーマンスを要求するため、十分な電力供給が必要不可欠です。

電源容量が不足していると、システムが不安定になり、最悪の場合はクラッシュや損傷の原因にもなりかねません。

効率的な動画編集を目指すならば、使用するソフトウェアとハードウェアの推奨スペックを把握し、それに基づいて電源容量を計算することが重要です。

例えば、Adobe Premiere Proのようなプロフェッショナルな編集ソフトを用いる場合、GPUを多用するため電源容量は特に注意が必要です。

GPUのメーカーが推奨する電源容量に、CPUや他の機器の消費電力を加算していくことで、必要な電源容量を概算することができます。

さらに、将来のアップグレードやシステムの拡張を考慮して、余裕を持った電源容量を確保することをお勧めします。

たとえば、合計消費電力が700Wと見積もられた場合、少なくとも750W以上の電源を選択すると良いでしょう。

これにより、電源に負担をかけずに安定した動作を保つことができ、高品質な動画編集環境を構築することができるのです。

80 PLUS認証と電源効率

パワーサプライが提供する安定した電力は、効率的な動画編集のためのコンピューターには不可欠です。

中でも80 PLUS認証は、電源ユニットがエネルギーをどの程度効率よく使用しているかを示す重要な指標となります。

80 PLUS認証には、ブロンズからプラチナ、さらにはチタニウムといったランクがあり、それぞれのランクは電源効率が一定の割合以上であることを保証しています。

たとえば、80 PLUSプラチナ認証を受けた電源ユニットは、非常に高い電源効率を確保しており、トータルの消費電力から余剰な熱が生じることが少ないため、冷却ファンの回転数を抑えられ、全体の騒音レベルも低下させることができます。

それによって、エディターが長時間にわたる編集作業を快適に行うことが可能になります。

さらに、電源効率の向上は経済面でのメリットももたらします。

省エネ性能が高いほど無駄なエネルギー消費を抑えられるので、電気代の節約にも貢献します。

また、動画編集作業はプロセッサーやグラフィックカードといった部品に高い負荷をかける作業ですが、高品質な電源ユニットがあれば、そうした負荷がかかる状況でも安定したパフォーマンスを維持しやすくなります。

これは、夢中で創作活動に打ち込むクリエイティブな方々にとって、非常に重要な点です。

結局、動画編集用パソコンを選ぶ際には、80 PLUS認証のレベルを確認することが欠かせません。

この確認作業は、作業効率から経済的側面、さらには環境への影響まで、長期的な満足度を高める選択となります。

高品質な電源ユニットは、信頼性と安定性の基盤を築き、創造力を最大限に発揮するためには、その価値を充分に理解して搭載する価値があるのです。

電源の安全機能と耐久性

パワーサプライ(電源ユニット)は動画編集におけるパソコンの性能を安定させ、不測の事態から機器を保護する役割を果たします。

特に動画編集では、高負荷がかかるために十分な電力供給と安定した運用が求められます。

ここで、電源の安全機能と耐久性が重要になります。

高品質の電源ユニットには過電流、過電圧、短絡に対する保護機能が組み込まれていることが通常です。

これにより、予期せぬ電力の変動や異常が発生しても、パソコンの重要な部品が損傷を受けるリスクが抑えられます。

耐久性もまた、長時間の動画編集作業を見越して非常に重要です。

品質がしっかりしている電源ユニットは、温度変化に対する耐性が高く、連続稼働時の信頼性も増します。

効率の良い電源は熱を抑え、ファンの回転数を減らすことで静音性を維持し、集中して作業に取り組む環境を支えます。

動画編集では、このように安定したパフォーマンスと長期間にわたる信頼性を提供する電源ユニットが不可欠です。

慎重に選んだ電源ユニットがあれば、快適で速度の要求される編集作業は飛躍的に向上し、クリエイティブなプロセスを支える強固な基盤となります。

動画編集環境を整える冷却システム

動画編集環境を整える冷却システム

エアフローと冷却の基本

動画編集において、高速かつ快適な作業を実現するためには、パソコン内部の温度管理が極めて重要です。

そこで焦点をあてるべきなのが、エアフローや冷却システムの最適化です。

エアフローとは、コンピュータ内部で空気の流れを作り出し、熱を効率良く外に逃がすことを指します。

この空気の循環は、パソコンのパフォーマンスを保つための維持に役立つだけでなく、長時間の動画編集作業においても、ハードウェアの過熱を防ぎ、安定した性能を保つために不可欠です。

冷却システムは、放熱に要するエアフローをサポートし、特にプロセッサーやグラフィックカードなどの高熱部品を中心に熱を素早く分散させます。

これには、高品質のケースファン、CPUクーラー、場合によっては水冷システムが含まれます。

これらの構成要素は連携して、熱がコンピュータ内部に滞留しないように機能します。

その結果、動画編集中のCPUやGPUは高温によるパフォーマンスの低下や、最悪の場合の故障から守られるのです。

最適な冷却システムを選ぶ際には、ケースのサイズ、ファンの配置、空気の流れの方向、そして部品ごとの冷却ニーズを考え合わせることが必須です。

理想的なエアフローと冷却を実現することで、動画編集作業は快適かつ効率的に行うことができます。

高性能を維持しながらも静かな環境を提供する冷却システムこそが、プロフェッショナルな動画編集の要となるのです。

ウォータークーリングとノイズリダクション

動画編集をする際にはパソコンが発する熱によるパフォーマンスの低下や予期せぬシャットダウンを避けるために、効果的な冷却システムが必須となります。

ウォータークーリングはそんな要求に応えるための冷却方法で、特に高負荷な編集作業においてその真価を発揮します。

水冷システムを採用することで、熱を素早くかつ効率的にCPUやその他の重要なコンポーネントから遠ざけることができるのです。

また、動画編集作業では集中力が求められますが、パソコンが発する騒音はその大敵です。

ノイズリダクションに優れた冷却システムを導入することで、編集作業に没頭できる静かな環境を実現できるでしょう。

ウォータークーリングは従来の空冷式ファンに比べて動作音を軽減し、その滑らかな流れがまるで静寂を切り裂くようでありながら、耳障りな騒音を最小限に抑える効果を持っています。

このようなウォータークーリングシステムは、編集時の快適さだけでなく、長時間作業を行うことが多い動画編集者にとって、機器の寿命を延ばすという点でも大きな利点をもたらします。

究極の動画編集体験を目指すなら、静粛性と冷却能力を高次元で融合させたウォータークーリングシステムを検討するのが賢明な選択と言えるでしょう。

オーバークロック時の冷却対策

動画編集の作業では、パソコンのスペックを存分に引き出すためにオーバークロックを行うことが少なくありません。

しかし、オーバークロックはプロセッサーの動作周波数を通常よりも高く設定することで、それに比例する形で発熱も増える傾向にあります。

適切な冷却対策を施さなければ、パフォーマンスの安定性が著しく低下したり、最悪の場合、機器が故障する危険さえ生じかねません。

オーバークロック時における冷却対策のキーポイントは、効率的な熱の排出とパソコン内部の温度管理にあります。

高性能なCPUクーラーやケースファン、さらには水冷システムの利用は、必要な冷却効果を確実に提供します。

水冷システムは特に、その優れた放熱能力により、オーバークロックによる高熱が頻発する環境下で理想的な選択とされています。

内部の熱を水で吸収し、ラジエーターを通じて外部に放出するこのシステムは、静音性にも優れており、長時間に渡る動画編集作業の集中力を乱すこともありません。

また、冷却システムの効果を最大限に引き出すために、空気の流れを考慮したケース内のコンポーネントの配置や、ホットスポットを避けるためのケーブルマネジメントにも注目が必要です。

これにより、熱が内部に滞留することなく、効果的に外に逃がすことができるようになります。

安定した動作と優れたパフォーマンスを長時間維持するためには、これらの冷却対策が極めて重要です。

高品質なコンポーネント選定と適切な設置は、動画編集を行う方々にとって非常に価値のある投資であり、創造的な作業をサポートする基盤を形成します。

適切な出力デバイスの選定

適切な出力デバイスの選定

動画編集に最適なモニターのスペック

動画編集に最適なモニターのスペックを考慮する際には、解像度、カラー精度、リフレッシュレート、そして応答速度が重要な要素となります。

解像度が高いほど細かいディテールを捉え、正確な編集作業が可能になります。

そのため、最低でもフルHD(1920×1080)が求められますが、4K(3840×2160)解像度で作業できる環境が望ましいです。

動画編集においては、色再現の正確性が作品の品質を大幅に左右するため、カラー精度が高いモニターを選ぶことが肝心です。

色域が広く、色の再現性に優れたIPSパネル搭載のモニターが、この要件を満たしやすい選択肢です。

Adobe RGBカバー率の高いモニターを選ぶことで、より豊かな色彩表現が可能になります。

一方で、リフレッシュレートはモニターが一秒間に何回画像を更新するかを表す数値で、これが高いほど滑らかに動画をプレビューできます。

動画編集では通常60Hz以上が推奨されますが、高フレームレートの動画編集にはさらに高いリフレッシュレートが有利に働きます。

応答速度も重要で、特に高速な動きを含む映像を編集する場合、低い応答時間を持つモニターが優れたパフォーマンスを提供します。

5ms以下の応答速度を目安にすると良いでしょう。

以上を踏まえてモニターを選定することで、動画編集のプロセスはよりスムーズで精度の高いものとなります。

視覚的情報が編集者の意図を正確に反映させるための重要な基盤を形成し、編集作業の速度と快適性を大幅に向上させることに繋がります。

このように動画編集に最適なモニターを選ぶことは、卓越した映像作品を生み出すための第一歩なのです。


色精度の高いディスプレイの選び方

色精度が高いディスプレイは、動画編集において非常に重要です。

細部の色彩を正確に把握し、意図した通りの色調で作品を仕上げるためには、色再現性に優れたモニターを選ぶ必要があります。

先ず、色域をチェックしましょう。

Adobe RGBやsRGBといった色域の広がりを示すスペックを参考に、業界標準以上の範囲をカバーする製品が望ましいです。

これにより、より広い色のバリエーションを表示でき、豊かでリアルな色彩表現が可能になります。

また、ディスプレイの調整機能も見逃せません。

工場出荷時に色校正が施されたディスプレイや、ユーザーが細かく設定変更できる機能を持っていることで、特定のプロジェクトの要件に合わせた細やかな色調整が可能となります。

さらに、色彩の均一性を保つため、IPSパネルや同等技術が採用されているかを確かめるとよいでしょう。

これにより、見る角度による色の変化を抑え、作業中の視覚的なストレスを軽減します。

編集作業においては、明暗の詳細まで見極める必要があるため、コントラスト比が高く、深みのある黒を表現できるディスプレイも重要です。

また、画面の明るさも充分なレベルが必要であり、外光の影響を受けずに安定した編集作業を行うためにも、反射防止コーティングが施されたディスプレイを選択すると良いでしょう。

動画編集の作業効率やクオリティを左右するディスプレイ選びですが、色精度を求めるならば、これらの要素を確実に押さえた上で、信頼できるメーカーの製品を選ぶことを心掛けると、後悔のない投資になることでしょう。

複数ディスプレイのセットアップ方法

動画編集において、作業効率と緻密なディテール管理を実現するためには、複数ディスプレイのセットアップが非常に重要です。

ここでは、その具体的な方法について解説しましょう。

まず、適切なディスプレイを選んだ後、パソコンのグラフィックカードが複数のディスプレイ出力に対応していることを確認してください。

多くの現代のグラフィックカードは、少なくとも二つのディスプレイ接続をサポートしています。

必要な接続端子がHDMI、DisplayPort、DVI、あるいはVGAであるかを特定し、それに適したケーブルを用意します。

その後、ディスプレイをパソコンに接続し、電源を入れます。

次に、オペレーティングシステムのディスプレイ設定を開きます。

Windowsの場合はディスプレイ設定を、macOSの場合はディスプレイの設定を利用します。

ここで複数のモニターを検出させ、それぞれのディスプレイの解像度や配置を調整します。

画面の整列を行い、主モニターとして使用するディスプレイを選択し、他のディスプレイをサブとして配置します。

ディスプレイの物理的な位置とオペレーティングシステム上での配置が一致していることを確認したら、色調整や明るさなどの微調整に進みます。

この段階では、編集中の動画がどのディスプレイでも正確に表示されるように、色の校正を行うことが望ましいです。

最終的に、応答時間とリフレッシュレートが編集用に最適化されているかも確認することで、編集プロセス中の視覚的な快適性とパフォーマンスを最大化します。

ディスプレイ設定を調整し終えたら、実際に動画編集ソフトウェアを開いて、セットアップが適切に機能していることを確かめてください。

こうして、動画編集がより効率的で快適に進むための環境が整います。

複数ディスプレイがあることで、タイムライン、プレビューウィンドウ、エフェクトメニューなどを別々の画面に配置できるため、作業がよりスムーズで直感的になり、クリエイティビティの追求に集中できるでしょう。

ソフトウェアとの相性: 動画編集ソフトを最大限活用する

ソフトウェアとの相性: 動画編集ソフトを最大限活用する

推奨される動画編集ソフトウェア

動画編集に関するPCスペックの考察において、重要な役割を果たすのが動画編集ソフトウェアとの相性です。

最適な環境を整えるには、プロフェッショナルな作品を生み出すために広く推奨されるソフトウェアたちを理解し、その特性を踏まえた上でハードウェアを選定することが求められます。

主流となるのは、Adobe Premiere ProやFinal Cut Pro、DaVinci Resolveなどの名が挙げられます。

これらのソフトウェアは緻密な編集が可能であり、多彩なエフェクトやカラーグレーディング、音声調整機能を持っており、プロジェクトに富んだ表現力を与えます。

使い勝手の良さを追求するならば、Premiere Proが幅広いフォーマットに対応し、After EffectsやPhotoshopといった他のAdobe製品との連携もスムーズです。

一方、Macユーザーには、Final Cut Proが高速なレンダリング能力と直感的なインターフェイスで人気があります。

そして、DaVinci Resolveは強力なカラーコレクションツールを備えており、特に映像の色調整に特化した機能では業界随一の評価を受けています。

しかし、これらのソフトウェアのパフォーマンスを最大限に引き出すには、高速なプロセッサ、十分なメモリ、強力なグラフィックカードが必要不可欠です。

動画編集に最適なパソコンスペックを考える際には、これらのソフトウェアが必要とする環境を精査し、ソフトウェアが持つ機能を制限なく扱えるよう、特にコア数が多く、高頻度で稼働するCPUや、幅広いグラフィックス処理をサポートするGPUの選定が鍵となります。

また、快適な編集作業のためには、大容量のRAMと応答性の高いストレージも見逃せません。

これらを総合的に考慮し選んだパソコンは、エディターのクリエイティブな才能を存分に発揮させるでしょう。

ハードウェアとの互換性を考慮したソフト選び

動画編集の際には、選んだソフトウェアが使用するハードウェアと適切に連携することが重要です。

なぜなら、動画編集作業はプロセッサ、RAM、グラフィックカードといったコンピューターの諸要素が一丸となって機能することで初めてスムーズに進行するからです。

例えば、Adobe Premiere ProやFinal Cut Proのようなプロフェッショナル向けソフトウェアを使う場合、複雑なエフェクトや4K以上の高解像度動画を扱うには、高性能なCPUと大量のRAM、そして専用のグラフィックス処理能力が求められます。

しかし、このパワーが過剰であればあるほど動作は滑らかになりますが、実際にはバランスが重要になります。

お金をかければかけるほど良いわけでもなく、また必ずしも最新の部品が最適とは限りません。

そのソフトウェアが特定のハードウェアと最適化されていることが肝心です。

例えば、Adobe Premiere ProはNVIDIAのグラフィックカードと強力なパートナーシップを持っており、CUDAコアによる加速をフル活用することが可能です。

これは他のブランドのグラフィックカードでは味わえない、唯一無二の快適さとスピード感を提供することにつながります。

そのため、ソフトウェアを選ぶ際には、それが推奨するハードウェアスペックを熟読し、自分のコンピューターがそれらの要件を満たしているか、あるいは満たすためにはどのようなアップグレードが必要かを把握することが不可欠です。

動画編集のプロセスを快適でスムーズなものにすることは、創造性の発揮に直結し、最終的な作品のクオリティ向上にも繋がると言えるでしょう。

ですから、ソフトとハードの相性を見極めることは、単なるスペック合わせに留まらず、創造的な作業を円滑に進めるうえでの大切なステップなのです。

OS選定とその最適化

動画編集において、OS選定は適切なパフォーマンスを発揮する上で重要な要素です。

映像作家や編集プロフェッショナルが絶えず追求する速度と快適性を確保するためには、編集ソフトが最も適性を発揮するプラットフォームを選ぶ必要があります。

WindowsとmacOS、これら主要なOSの間で悩むこともあるでしょうが、動画編集ソフトとの親和性は環境によって異なります。

たとえば、Adobe Premiere ProやDaVinci ResolveのようなソフトはWindowsでもmacOSでも高いパフォーマンスを提供しますが、Final Cut ProはmacOS専用となっており、Appleのエコシステム内で最適化されています。

選択したOSを最大限活用するためには、正確なスペック要件を把握することが不可欠です。

動画編集では、強力なマルチコアCPU、充分なメモリ、高速なSSD、そして能力に応じたGPUが重要となりますが、これらのコンポーネントがOSと対応するソフトウェアに最適化されているかがキーとなります。

例えば、macOSではMetalによるグラフィックス処理最適化に特化したハードウェアを選ぶほうが賢明ですし、Windowsの場合はDirectXやCUDAに対応するGPUを考慮に入れる必要があります。

OSはただインストールすれば良いというものではなく、動画編集を効率的かつスムーズに行うためには細かい設定とチューニングが必要です。

バックグラウンドで動作するプロセスの最適化、不要なサービスの停止、パワーマネジメントの調整、ディスクのデフラグメント、メモリの再配分など、これらの作業を適切に行うことで編集ソフトウェアの反応速度と処理速度が改善され、結果としてクリエイティブな作業に集中できる環境が整います。

ですから、動画編集作業の流れや効率を左右するOS選定と最適化は、最高に求められるパフォーマンスを実現するための秘訣といえるでしょう。

あわせて読みたい

未来を見据えたおすすめBTOゲーミングPC 長期間安心の選択肢

BTOのススメ

パソコン選び方のコツとトレンドを押さえたおすすめ商品

ゲーミングPCエックス

システムエンジニア向けパソコンの究極選択 性能VS予算

BTOパソコン リサーチ

AIイラスト生成の限界に挑戦! トップレベルおすすめPCの実力

BTOパソコンSSR

次世代のアート制作に! AI画像生成用おすすめPC選定法

BTOのススメ

おすすめパソコン創選ガイド 使用目的別選び方のノウハウ

ゲーミングPCエックス

ライブ配信品質を高める! PC選びのおすすめポイント

BTOパソコン リサーチ

性能と価格の勝者! おすすめBTOゲーミングPCの選び方

ゲーミングBTOパソコン総研

パワーユーザー必見! 最強おすすめゲーミングPC14選

BTOパソコンSSR

動画編集のパフォーマンスを飛躍させる! おすすめクリエイターPC特集

ゲーミングPCエックス

おすすめの仕事用パソコン タイプ別完全ガイド

BTOのススメ

ゲーム好きのためのトップパフォーマンス! おすすめBTOゲーミングPC

ゲーミングPCエックス

RTX4080 SUPERで変わるゲーム体験 おすすめゲーミングPCカタログ

BTOパソコンSSR

フルカスタムで最高性能! BTOパソコン注文前のチェックリスト

BTOパソコン リサーチ

動画編集のプロが語る! おすすめBTOパソコンで快適作業

ゲーミングBTOパソコン総研

究極のデスクトップゲーミングPCを求めて おすすめ機種の選定ポイント

BTOパソコンSSR

ゲームに最適なおすすめPC選び ゲーム用パソコンの初心者から上級者まで

BTOのススメ

グラフィックス重視! おすすめBTOゲーミングPCの究極選択

ゲーミングPCエックス

ゲームPCのスペック革命! あなたの選び方をアップデート

BTOパソコン リサーチ

クリエイターPC最強ガイド おすすめの選び方

BTOパソコンSSR

BTOで理想のセットアップ! おすすめカスタムパソコンガイド

ゲーミングBTOパソコン総研

最速! おすすめBTOゲーミングPCでゲーム環境を格上げ

BTOのススメ

学生からプロまで! 全分野カバーのおすすめCore i7 PC

BTOパソコン リサーチ

投資する価値あり! DTM専門家が推奨する音楽制作PCおすすめ一覧

ゲーミングPCエックス

RTX4070Ti SUPERで実現する おすすめ最新ゲーミングPC体験

BTOのススメ

3DアニメーターのためのPC選び 効率を最大化するスペックガイド

BTOパソコン リサーチ

最適解発見! パソコンカスタマイズ&注文プランニング完全版

BTOパソコンSSR

AIイラストビジネスを加速する! 効率的なおすすめPC選び方指南

ゲーミングPCエックス

大学生向けパソコントレンド2024 最新技術を備えた学生向けモデルレビュー

BTOパソコンSSR

映像制作プロフェッショナル推薦! ハイエンドパソコンの選び方

BTOのススメ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次